履歴は残る

キャッシングに取り立て屋は来るの?

消費者金融等で借金をする際、その時は「このお金で生活を補い、少しでも豊かな生活になれるように、そしてきちんと返していこう。」そういった気持ちを持って借りることでしょう。
しかし、現実はとても厳しく、毎月の返済が苦しく、いつの日か滞ってしまうかもしれません。
一度滞納してしまうと、その癖がついて、いつの間にか借金の火だるまになっていることも十分あります。

そうなると、貸している側の金融機関も黙ってはおらず、悪徳業者に引っかかってしまうと、毎日催促の電話が鳴り響き、ヤクザのような人間を雇って、脅しにかかります。
それは電話のみならず、実際に自宅に押し掛けることもあるので、近所迷惑になりますし、何よりも本人の精神を不安定なものにしてしまい、最悪の結果、自ら命を絶ってしまうこともあり得るのです。
これはテレビドラマだけの世界と思ってしまいますが、実際に起こっている事例なのです。

きちんとした金融会社であれば、こういった取り立て屋はいませんが、勿論電話での連絡は来ます。
返済が滞っている旨、そしていつ頃返済が可能なのかといった会社としての対応ですから、ヤクザのような怖いイメージはありません。
しかし、だからといって、これに甘えて返済しないようでは、借りる側のマナーが問われますし、何度も連絡してもきちんと対応してもらえないと金融機関が解釈すると、ブラックリストに載ってしまう可能性もあるので、注意が必要です。
ブラックリストというのは実際はありませんが、個人情報として、返済状況を全ての金融機関で閲覧出来てしまうので、新たに他の金融機関からの借り入れがNGになったり、少額しか借りることが出来なかったりとペナルティが付いてしまうので、借金はきちんと返すようにするのが、人としてのマナーと言えます。
信頼のある金融機関は怖い取り立て屋は来ませんが、信用を失わないように、借りたお金はきちんと毎月計画的に返済出来るように、計画的に借りるようにしましょう。

このページの先頭へ