履歴は残る

キャッシングの限度額は変更できる?

昔のキャッシングのイメージとしては、毎回窓口に出向き、必要な金額を明記して借り入れる、返済の際も、窓口に出向く必要があると言ったものでした。
しかし、全国的なコンビニやネットの普及により、わざわざ会社に出向く必要は無くなったのです。
その大きな理由としては、会社勤めの人にとって、平日の営業時間内までに金融会社に行くことが出来ず、なかなか借りることが出来ないといった不具合が生じたからです。

勿論他にも様々な理由がありますが、最近ではこういった不便さを解消すべき、ネットでキャッシングカードを作成し、後は限度額内であれば、何度でも近くのコンビニATMを利用して、誰に会うことなくお金を借りることが出来るようになったのです。
しかし、この利用限度額、何度も使っているうちに、少し足りなくなってくることもあり、出来ればもう少し上限を上げてほしいと思うかもしれません。
では、キャッシングの限度額は変更することが出来るのでしょうか?

答えは、出来ますが、会社によっては出来ない場合もあります。
まだキャッシングカードを作成したばかりの頃は、初回設定で限度額が最低限の額に設定されていることが多く、少し物足りなさを感じるかもしれません。
しかし、金融会社側としては、借りる人が一体どういった人なのか分かりませんので、最初から限度額を上げてしまうと、滞納されたりする恐れがあるので、出来るだけ少額設定をしているのです。

ですから、初めの頃は思うように借入することが出来ないかもしれませんが、スタートしてから半年から1年以上経っており、何度か利用して、その返済をしっかりと行っていれば、会社からの信用度も上がり、上限額を上げてもらえる可能性はあります。
とは言っても、2010年からスタートした総量規制によって、消費者金融の場合、年収の1/3以上を借りることが出来なくなったので注意してください。
又、限度額を変更する場合は、証明書として、源泉徴収書や確定申告書、最近の2か月分の給料明細や1年分の賞与明細書の提出が必要となりますので、事前に用意しておくようにしましょう。
勿論限度額を上げて利用できる額が上がったからと言っても、利子が増え、借金額が増加するということですから、返済計画をしっかりと立てて、くれぐれも滞納することが無いように、注意しましょう!

このページの先頭へ