履歴は残る

キャッシングの履歴は残る?

最近のキャッシングは、ネットで申し込みが出来て、審査に通れば、近くのコンビニATMを利用して、利用限度額内であれば、いつでも何度でも誰に会うことなく利用できるというメリットがあります。
しかし、いくつかの金融会社でお金を借りたことがある人は、その履歴が新しく借りる金融会社に分かってしまうので、その履歴によっては、限度額が下げられたり、借入を断られたりする可能性があるので、その点においては、利用者にとって不便と言えるでしょう。
昔は、それぞれの金融機関がそれぞれに個人情報を扱っていたので、違う系統の金融機関では、履歴が分からない為、借入がしやすく、多重債務に陥りやすくなっていました。

その為、雪だるまのように膨れ上がった借金で生活する人が増えてしまい、これではいけないということで、金融機関での借り入れ履歴閲覧を統一化したのです。
これにより、一度でも金融会社でお金を借りたことがある人は、履歴として残り、そのデータをどの金融会社でも閲覧できるようになった為、もしも返済しきれていない借金が残っていると、それがネックとなり、借入限度額が最低だったり、最悪の場合、借入NGにこともあります。
利用者としてはその点においては不便ですが、便利すぎて利用が増えて、膨大な借金になってしまっては、生活するのも大変ですし、どうにもならなくなってしまって、自ら命を絶ってしまうことになりかねません。

そう考えると、最善の対策ではないでしょうか?
勿論、前の金融会社でしっかりと返済していれば、優良顧客として、借入額を高くしてもらえたり、金利を安くしてもらえる可能性もあるので、借りた額は期日までにきちんと返済すればいいのです。
又、配偶者(妻)のクレジットカード利用が多いと、住宅ローンが組みづらくなるといった事例もあり、せっかく新しく家を建てたいという希望も失われてしまいがちですが、きちんと返済していれば問題はありませんし、一度カードを解約するという手もありますから、妻のカードをしっかりと清算してから、改めて住宅ローンを組むようにすれば良いのです。
どの金融会社でもキャッシングの利用履歴は残り、閲覧できるということを頭に入れておいてください!

このページの先頭へ