履歴は残る

キャッシングの審査の流れ

長く生きていると、誰でも一度はキャッシングを利用することと思いますが、最近では主婦や学生でも審査に通る甘いキャッシング会社もあり、益々その需要性は高まる一方です。
しかし、世の中には、審査を甘くして、何度も落とされているという人を通して、高い金利で返済を迫るといった悪徳業者もいますので、その見極めがとても大切であると言えるのです。
つまり、審査というのは、相手の金融会社にとっては、これから借りたいという人が、きちんと返済してくれるのかどうかをチェックする大切なことなので、審査が甘いからとむやみに申し込むことがないようにしましょう。

では、この審査、一体どういう内容なのかと言ったことに、今回は注目したいと思います。
先ず、審査の為の申し込みをするのですが、昔は必要書類(運転免許証や住所が分かる書類、給料明細書等)を持参して、お店に出向いて直接申込みをしていました。
しかし最近では、自宅のパソコンを使い、ネットで入力フォームに個人情報を入力して送信すればOKなので、わざわざお店に出向く必要はありません。

入力フォームには、連絡先を記載する項目があり、自宅電話の他に携帯等の記入もしておくと良いでしょう。
その理由としては、日中、自宅にいない場合の連絡先として、携帯は繋がりやすいからです。
電話がかかってくるのは、記入した本人なのかどうかのチェックと、入力フォームの不備についての問い合わせ、その他についての質問等がされます。

聞かれたことには正直に答えることが、スムーズに審査に通るコツですので、くれぐれも嘘偽りのない供述をしましょう。
その後、一旦電話を切り、審査に入るので、再度電話がかかってくるまで待ちますが、だいたい30分から1時間程度です。
電話がかかってきて、その際に審査の合否が知らされ、OKであれば、指定口座に振り込みがされますが、営業時間内であればその日のうちに、営業時間終了間近の場合は、翌日営業時間内に振り込みされていますので、確認してください。
又、必要な身分証明書類は、後日郵送で送られてくるので、確認・記入後すぐに返送するようにしましょう。
これが一通りのキャッシング審査の工程となりますので、スピーディに借入をしたい場合は、必要書類等も事前に用意しておくことが大事と言えるでしょう。

このページの先頭へ